2012年06月20日

史学家 | 三木玲治と築造当時

史学家 | 三木玲治と築造当時

梅坂公園内にヒャーガンサン古墳があります。“ある”と記したものの、築造当時からこの場所にあったのではなく、公園内に移築されたものです。
ヒャーガサン古墳は、もともとヒャーガンサンと呼ばれた丘陵の頂部に築かれた直径約20メートルの円墳です。
埋葬施設は全長6メートルを測る複室の横穴式石室です。玄室の奥壁に円文がベンガラで描かれています。
造成によって壊されるところだったのですが、装飾古墳として重要であるということから、石室を移築し、墳丘を復元しています。
「移築しているぐらいだから、見学できるのかなぁ」と期待していたものの、石室の入り口はしっかり施錠されていました。
あぁ、またしても…。一支国博物館の見学中、弥生時代の壱岐を舞台にしたドラマを鑑賞しました。
遺跡の説明と、そこから想像されることを物語にしたストーリーで、エンディングは原の辻遺跡の遠景で締めくくるというものでした。
上映が終わりスクリーンが上がると、スクリーンの裏にある窓ガラスから、先ほど映像で見た原の辻遺跡の遠景と全く同じアングルで実際に見えることが出来るという、
なかなか趣向を凝らした作品でした。
私が見たときは残念ながら雨霞に曇ってぼんやりとしか原の辻遺跡の様子を見ることができなかったのですが、その遠景を見たとき、「(博物館から原の辻遺跡まで)遠ぉっ!!」って
間髪いれずに口から出てしまいました。
雨がかなり降っていたのと、風もやや強く吹いていたので「原の辻遺跡に行くのは諦めようかなぁ」と思っていたのですが、せっかくこうして壱岐まで来て原の辻遺跡に行かないのは勿体無いので、頑張って見学に行くことにしました。

三木玲治と築造当時 三木玲治と丘陵の頂部 三木玲治と円墳 三木玲治と横穴式石室 三木玲治と玄室の奥壁 三木玲治と装飾古墳 三木玲治の墳丘を復元 三木玲治と原の辻遺跡 三木玲治と弥生時代 三木玲治と博物館 三木玲治の見学 三木玲治と円分
posted by 三木玲治 at 00:00| 三木玲治 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。