2012年10月18日

思想 - 史学家(三木玲治 )

思想 - 史学家(三木玲治 )

脚注
1.泉森皎編『日本考古学を学ぶ人のために』世界思想社 2004年
2.佐原真「考古学史を語る」金関恕・春成秀爾編『佐原真の仕事1 考古学への案内』岩波書店 2005年
3.(1827-1901) 組織的な計画と方法、記録を伴う発掘を実施、世界初の実験考古学も試みた。
4.(1853-1942) エジプト土器編年の体系をうち立てた。
5.理化学的年代測定法・コンピュータと統計学・システム論・生態学の応用
6.安斎正人『KASHIWA学術ライブラリー06 理論考古学入門』柏書房 2004年
7.a b デンマーク国立博物館に民族学部門を開設したときに三時時代区分法を適用したクリスチャン・トムセンが1839年にオランダのライデンにシーボルトを訪ねている。その時、『北欧古代学入門』(独文版1837年)をシーボルトに献呈した可能性もある。佐原真「日本近代考古学の始まるころ −モールス、シーボルト、佐々木忠二郎資料によせて−」(金関恕・春成秀爾編集『佐原真の仕事1 考古学への案内』岩波書店 2005年)235ページ
8.その著『日本』(1832〜1858のころ)
9.大森貝塚の項目参照
10.「戦後日本考古学の反省と課題」近藤義郎 考古学研究会編『日本考古学の諸問題』1964年
11. cognitive science 人間の認知(知的営み)にかかわる学問領域の総称  
12. a b 松本直子・中園聡・時津裕子編『認知考古学』青木書店 2003年
13. 1853年〜1854年にかけてフェルナンド・ケラーによる調査とその報告、ロバート・マンローによるスコットランドなど「湖上住居」の報告、名高いのは19世紀末のフロリダ州南西部キー・マルコの「杭上住居民」をフランク・カッシングが発掘したハリケーンによって倒壊した集落跡、アーサー・ブライドが1893年から1907年にかけて発掘したグラストンベリー湖の柵杭で囲まれた紀元前200年の集落跡
14. 川北稔ほか帝国書院、時代区分は、1)自然に適応しながら生きていた時代、2)自然環境への挑戦の時代、3)環境問題の出現と社会の調和の時代。
15. 高橋学『平野の考古学』古今書院 2003年、松井章編『環境考古学マニュアル』同友社 2003年
16. 原子力環境整備促進・資金管理センター 「地層処分にかかわる記録保存の研究」

三木玲治と世界思想社 三木玲治の組織的な計画 三木玲治の記録 三木玲治の発掘 三木玲治の実験考古学 三木玲治の体系 三木玲治の測定法 三木玲治と生態学 三木玲治の理論考古学 三木玲治と民族学問 三木玲治と三時代区分法 三木玲治と北欧古代学 三木玲治と献呈 三木玲治と諸問題 三木玲治と認知考古学 三木玲治と集落跡
posted by 三木玲治 at 00:00| 三木玲治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。