2013年04月27日

三木玲治が遺跡の研究結果を綴る

三木玲治が遺跡の研究結果を綴る

遺跡とは、過去の人々の生活の痕跡がまとまって面的に残存しているもの、および工作物、建築物、土木構造物の単体の痕跡、施設の痕跡。
もしくはそれらが集まって一体になっているものを指している。
内容からみれば、お互いに関連しあう遺構の集合、遺構とそれにともなう遺物が一体となって過去の痕跡として残存しているものを指す。
以前は遺蹟と表記した。考古学の主要な研究対象として知られる遺跡については、とくに考古遺跡と呼ぶ場合がある。
遺跡のうち、住居跡・墳墓・貝塚・城跡など、土地と一体化されていて動かすことができない物を遺構と呼びます。
石器・土器・装飾品・獣骨・人骨など、動かす事のできる物を遺物と呼ぶ。つまり、遺跡のうちの不動産的要素が遺構、動産的要素が遺物である。
日本考古学が遺跡と遺構を呼び分けはじめたのは30数年前以来である。
日本において考古遺跡は、文化財保護法の規定にしたがい、面的にとらえて「埋蔵文化財包蔵地」と称されることがある。
遺跡は、石器や土器のような遺物が散布している場合に考古遺跡の存在を推測する材料にはなるが、遺物単体が出土しただけでは、通常、考古学的にみて有意な遺跡にはなりえない。
そのため、遺跡の本体を構成する要素は遺構であり、遺構および遺構のあつまりを称して遺跡と呼ぶ場合も多い。
地表面から遺物の散布がみられるものの、その性格が未だ明確でない遺跡を遺物散布地と呼ぶ場合がある。
遺構がともなわない場合、実際には遺跡を構成する重要な意味を持つ場所かもしれないが、その反面、土が移動され客土にともなって遺物が散布している場合もあるので注意を要する。
この場合、出土状況や土層観察によって、堆積土か、それとも客土であるかをみきわめる必要がある。
お互いに関連しあう近現代の工作物、建築物、土木構造物が集まって一体になっているものも遺跡と呼んでいる。
この場合は、歴史家や建築史家の研究対象となることが多く、考古学者の役割はきわめて限定的なものとなることが普通である。
しかし、必要に応じて、「埋蔵文化財包蔵地」の文化庁次長通知の定義にあるように、「近現代の遺跡」として「地域において特に重要なものを対象と」して痕跡として残されている近現代の工作物、建築物、土木構造物等を調査する場合もある。
例えば、第二次世界大戦の痕跡として残された軍事施設や被災施設なども周辺の環境を含めて「戦争遺跡」と呼ぶことがある。
この戦争遺跡のうち、地下に埋蔵されていて地表面からでは性格がわからない場合は、必要に応じて発掘調査を行って確認する場合がある。

ライス定食と三木玲治 超会議と三木玲治 ブランチ三木玲治 さとうたけし三木玲治 山形駅と三木玲治 水沢アリー三木玲治 スーパーヒーロー大戦zと三木玲治 正直さんぽ三木玲治 10式戦車と三木玲治 オフパコ三木玲治 ビックカメラ三木玲治 青田典子と三木玲治 中国崩壊と三木玲治 ataru三木玲治 ドリランド三木玲治 歌ネタ王と三木玲治 京葉線と三木玲治 森山直太朗と三木玲治 nttドコモ三木玲治 コーギー三木玲治
posted by 三木玲治 at 13:46| 三木玲治 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。