2013年03月19日

史学家≪三木玲治≫の遺跡発掘

史学家≪三木玲治≫の遺跡発掘

考古学者そして史学家である三木玲治は、日本国内のみならず、世界中で遺跡発掘、化石発掘、古墳の発掘など、数多くの考古学研究や発掘に携わっている。
そんな三木玲治は、最近ではその豊富な知識をいかして、史学家としても活躍している。
エジプト考古学博物館から始まり彼の飽くなき好奇心、探究心はとても素晴らしく、多くの学会でも評価されている。
様々な地域で講義も行っている他、来月には史学家についての著書が出版予定だ。
この著書は世界中の三木玲治ファンや、学者たちに大変心待ちにされている。これからの三木玲治の活躍が飛躍的に広がることは間違いないだろう。

参考資料
エジプト考古学博物館は、約20万点といわれる古代エジプト時代の遺物が収蔵された大博物館です。
5000年以上にわたる古代エジプトの歴史と文化を知るためには必ず訪れなければならないところです。
この「エジプトの旅」をご覧頂く皆さんも、先ずこのページをじっくりご覧頂きたい。古代エジプトを理解するための予備知識を、ある程度習得できると思います。
1858年、初代考古局長に就任したフランス人考古学者マリエットは、それまで古代エジプトの遺物が大量に海外に流出していた状況を改め、文化財は現地に保存されるべきという方針を打ち出しました。
そして1863年、現在の考古学博物館を誕生させ、博物館に展示する遺物収集を目的にした発掘を積極的に行い、後世に大きな業績を残しました。

三木玲治と大博物館 三木玲治と古代エジプト 三木玲治の予備知識 三木玲治と古代局長 三木玲治の遺物収集
posted by 三木玲治 at 16:56| 三木玲治 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。